指導者紹介

指揮者 小屋敷真 《MAESTRO MAKOTO KOYASHIKI》

 

 

武蔵野音楽大学卒業。
卒業後は二期会、藤原歌劇団等で多くのオペラ公演に参加、研鑽を積む。
‘88より東京混声合唱団の主要メンバーとして活躍。合唱指揮を田中信昭氏に、オーケストラ指揮   法を黒岩英臣氏に師事。この頃、日本各地での公演からヨーロッパ演奏、N響をはじめとする各オー  ケストラとの定期公演に参加。
 ミュンヘン音楽大学で指揮法と声楽を学ぶ。藤原歌劇団でオペラ指揮の分野での活動を中心に、オ  ペラ公演では数々の副指揮を担当。藤原歌劇団の招聘したオペラ指揮者、A・ヴァダーニョに指揮を  師事。 その後、日本オペラ振興会や二期会、東京室内歌劇場、横浜シティオペラ、埼玉オペラ首都  オペラの副指揮、新国立歌劇場における音楽スタッフ等で活躍。
また日本各地の地方オペラにおいて数多くの公演を指揮し、いずれも好評を得ている。茨城県民オ  ペラ、八戸創作オペラ協会、筑波フィオーレ、その他 北海道二期会、四国二期会等、中でも2000年  には、福岡オペラ(佳の会)にてプッチーニのオペラ「アンジェリカ」を指揮。ソリストには世界的名歌   手E・オブラスツォアを迎えセンセーショナルな成功をおさめた。
オペラ彩において2001年,2002年の公演で<モーツァルト>の「魔笛」「コジ・ファン・トゥッテ」を指揮  し高い評価を得、いずれの公演も成功に導いた。ピッコラ・ボッテーガ・デル・テアトロでは、2006年に  「椿姫」、2007年に「蝶々夫人」、2008年「フィガロの結婚」公演、響きの森オペラでは2008年「カヴァ  レリア・ルスティカーナ」、2009年「道化師」、綾瀬市民オペラ2010年、和光市民オペラ2011年の「カ  ルメン」の公演指揮を手掛ける。
またオーケストラ公演も多く、第九をはじめとする交響曲、宗教曲「メサイア」他、管弦楽曲、ピアノコンチェルト等を、たびたび指揮している。その指揮は常に息づかい(ブレス)を心がけたもので、その情熱的で且つ自然な流れを持つ音楽づくりは常に高い評価を得ており、オペラソリストや合唱団員、オーケストラ団員からの信頼も厚い。

 

ピアノ伴奏者 廣瀬充 《MITSURU HIROSE》

 

 

神奈川県小田原高校を経て、東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。廣瀬充
多くのコンサートでソロ・伴奏・アンサンブルなどを演奏する傍ら、コンクールの伴奏・ブライダルやパーティ  での演奏、またホテル主催のディナーショーの伴奏等、アンサンブルや楽器、声楽、合唱の伴奏や慰問、  小学校訪問・ピアノ指導も行う一方、他ジャンル(和楽器・Hula等)とのコラボレーションにも力を入れてい  る。また演奏面だけでなく、多くの演奏会の企画・編曲も行っている。
青木雅也氏に師事。

 

 

INDEX TOP PAGE